小型双方向クラッチ OW型 「昇降保持型」

小型双方向クラッチ OW型 「昇降保持型」

小型双方向クラッチは等速(1:1)での動力伝達が可能な機械要素です。「昇降保持型」は出力軸から入力軸への逆入力を出力軸のロック機能にて遮断できます。各種機器の昇降機構に適用することで、入力軸から出力軸への動力伝達機能により、昇降動作制御を行い、出力軸のロック機能(逆入力遮断機能)により、昇降物の保持をすることが出来ます。

特徴

小型双方向クラッチはモータ、ソレノイド、電磁クラッチのように、動力の伝達・遮断制御に電力を必要としません。「昇降保持型」は内部にトルクリミッタ機能を有しており、下降動作時はトルクリミッタが機能しながら動作する構造となっています。そのため、下降動作時においてもスムーズな動作が可能です。
入力軸穴径がφ3Dカットとなっており、モータに直接繋ぐことが可能です。また、ハウジングには樹脂を使用しており形状変更が可能です。

用途

金融機器(ATM等)
OA関連機器(コピー機、プリンタ)
各種惰性回転除去機構
各種保持機構

資料

詳細な仕様に関しては以下の資料をご確認ください。
小型双方向クラッチ OW型 「昇降保持型」
ページの先頭に戻る