外輪溝付きガイドベアリング

外輪溝付きガイドベアリング

外輪溝付きベアリングは、ベアリングの外輪に色々な形状の溝を付け、ワイヤー、ベイトなどをガイドするために使用されます。ベアリングの外輪にプーリを取り付けたものに比べて、外輪を直接加工しているため、コンパクトな設計が可能です。

特徴

溝形状には、V(V形状)、U(凹形状)、G(R形状)があり様々な設計に対応可能です。ベアリング材にはサビに強いマルテンサイトステンレス鋼を用いています。

用途

工作機械・ ワイヤーガイド
半導体実装装置・ボールネジ軸受
ベルト搬送部

資料

詳細な仕様に関しては以下の資料をご確認ください。
外輪溝付きガイドベアリング
ページの先頭に戻る